読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

à la lettre

ラカン派精神分析・精神病理学に関するいろいろ

『現代思想』5月号に寄稿

 4月27日発売の『現代思想』2015年5月号(特集=精神病理の時代)で、内海健さん、千葉雅也さんと一緒に行った「自閉症スペクトラムの時代 現代思想と精神病理」という鼎談を掲載していただいています。

 本鼎談では、拙著『人はみな妄想する――ジャック・ラカンと鑑別診断の思想』の執筆の背景からはじまり、千葉雅也さんの『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』とのある種の近さについて、そして現代のメンタリティについて、等など様々な論点が議論されています。その他の論考も、とても興味深いものばかりです。
 『人はみな妄想する』の副読本として、そして、精神病理と現代思想のあいだで行われている思考のカタログとしてご覧になっていただければ幸いです。
 どうぞよろしくお願いします。


http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791713004


現代思想 2015年5月号 特集=精神病理の時代 -自閉症・うつ・普通精神病・・・
現代思想 2015年5月号 特集=精神病理の時代 -自閉症・うつ・普通精神病・・・

人はみな妄想する -ジャック・ラカンと鑑別診断の思想-
人はみな妄想する -ジャック・ラカンと鑑別診断の思想-

さまよえる自己―ポストモダンの精神病理 (筑摩選書)
さまよえる自己―ポストモダンの精神病理 (筑摩選書)

動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学
動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学