読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

à la lettre

ラカン派精神分析・精神病理学に関するいろいろ

『現代思想』2月号に寄稿

 1月27日発売の『現代思想』2014年2月号に、「宮廷愛から神の愛へ キルケゴールラカン」という論考を書いています。ラカンキルケゴールへの言及をたどりながら、不安や愛の問題についてのラカンの理論的変遷について述べました。最終的には、セミネール『アンコール』におけるわずかなキルケゴールへの言及の解釈に取り組んでいます。

 なお、本特集号は昨年11月末に行われたワークショップの活字化です。他の寄稿者の方々も豪華メンバーで、ワークショップの際にはすばらしい発表が行われていました。青土社のサイトで目次がご覧になれます。どうぞよろしくお願いいたします。

http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791712748

現代思想 2014年2月号 特集=キルケゴール
現代思想 2014年2月号 特集=キルケゴール