読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

à la lettre

ラカン派精神分析・精神病理学に関するいろいろ

『文學界』2013年9月号、『図書新聞』3122号に寄稿

文學界』9月号(文芸春秋社)に「言葉を失うことについて」というエッセイを寄稿しました。高橋源一郎の初期作品についての小論です。どうぞよろしくお願いします。

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/

文学界 2013年 09月号 [雑誌]
文学界 2013年 09月号 [雑誌]
文藝春秋 2013-08-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また、先週末発売の「図書新聞」3122号に山森裕毅さんの『ジル・ドゥルーズの哲学』の書評を書きました。モノグラフ期の著作から『差異と反復』までの議論の展開を緻密に追った意欲作です。書評では、議論の紹介と共に、ドゥルーズの思考と精神病、という問題を少しだけ述べてます。詳細は、下記の人文書院さんのWebサイト、および図書新聞さんのサイトをご覧ください。

http://www.jimbunshoin.co.jp/news/n6709.html
http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_article.php

ジル・ドゥルーズの哲学: 超越論的経験論の生成と構造
ジル・ドゥルーズの哲学: 超越論的経験論の生成と構造山森 裕毅

人文書院 2013-06-25
売り上げランキング : 32289


Amazonで詳しく見る
by G-Tools