読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

à la lettre

ラカン派精神分析・精神病理学に関するいろいろ

最近の刊行物まとめ

 ところで、最近、精神病理/ラカン関係の著作物が続々と刊行されているので、気がついたものだけ整理しておきます。


精神病理学の蒼穹
精神病理学の蒼穹
posted with amazlet at 12.01.13
小出 浩之
金剛出版
売り上げランキング: 851284


 セミネール他の訳者、岐阜大学の小出教授の退官記念本ですが、冒頭に小出教授による精神病理学総論が載っています。小出教授の次に着任される新しい教授の方は、biology系ということで、これから岐阜大学がどういう風になっていくのか興味がわきます。


妄想はなぜ必要か―ラカン派の精神病臨床
コンタルド カリガリ
岩波書店
売り上げランキング: 414365


 その小出先生が訳されたのがこちら。原題では精神病の鑑別診断を扱う著作。講演の記録なので非常に読みやすく、ラカン派の臨床に触れることができるでしょう。けっこう色んなところで引用される文献だと思います。


いまなぜ精神分析なのか―抑うつ社会のなかで
エリザベート・ルディネスコ
洛北出版
売り上げランキング: 357600


 こんなのも出ます。


ラカン派精神分析入門―理論と技法
ブルース フィンク
誠信書房
売り上げランキング: 361603


 ブルース・フィンクの"A Chinical Introduction to Lacanian Psychoanalysis: Theory and Technique"が遂にでます。ラカン派の臨床に興味がある方はぜひどうぞ。同じ著者ではLacan to the Letter: Reading Ecrits Closelyも秀逸なので是非こちらも早期に翻訳が出れば良いと思います。