読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

à la lettre

ラカン派精神分析・精神病理学に関するいろいろ

Formations, pp.156-157

某所の読書会用に作成した試訳です。何かのご参考にどうぞ。


Les formations de l'inconscient, pp.156-157

3

Je vais maintenant vous mettre au tableau le petit schema par lequel j'introduirai ce que je vous dirai la prochaine fois, et qui nous permettra de faire le joint de la distinction, qui peut vous paraitre un peu scolastique, du Nom-du-Pere et du pere reel - du Nom-du-Pere en tant qu'il peut a l'occasion manquer et du pere qui n'a pas l'air d'avoir tellement besoin d'etre la pour ne pas manquer. Je vais donc introduire ce qui fera l'objet de ma lecon de la prochaine fois, a savoir ce que j'intitule des aujourd'hui la metaphore paternelle.

私は今から黒板に小さなシェーマを書いてみます。このシェーマを用いて、私が次回にお話することをご紹介さしあげましょう。そして、このシェーマは、父-の-名[Nom-du-Pere]と現実的父[pere reel]との区別(*)への継ぎ手[joint]となることでしょう。この区別は、あなたがたには少しスコラ的にみえるかもしれません。時には欠如する可能性のある限りでの父-の-名と、欠如しないために、そこにいないことをそれほど欲さない[besoin]ようにはみえない〔現実的〕父との区別です。つまり、私は次回の講義の対象となる事柄、すなわち私が今日から父性隠喩[metaphore paternelle]と呼ぼうとしているものをご紹介差し上げようとしているわけです。

(*)父-の-名と現実的父との区別については、シュレーバーとハンスをそれぞれ参照。それぞれ、父の名、現実的父の機能不全からなっている。


Un nom n'est jamais qu'un signifiant comme les autres. Il est certes important de l'avoir, mais cela ne veut pas dire pour autant qu'on y accede - pas plus qu'a la satisfaction du desir, cocu au principe, dont je vous parlais tout a l'heure. C'est pourquoi dans l'acte, le fameux acte de la parole dont nous parlait hier Mme Pankow, c'est dans la dimension que nous appelons metaphorique que va se realiser concretement, psychologiquement, l'invocation dont je parlais tout a l'heure.

〔父の名という〕ひとつの名[Un nom]は、その他の諸々の名[les autres]のように、ひとつのシニフィアンでしかありません。名は、それを持つことは確かに重要なことですが、名を持つことで私たちがそこに到達したわけではありません。少し前に私があなたがたにお話した、根源的に寝取られているような欲望の満足に到達してしないのと同様のことです。行為において、すなわち昨日マダム・パンコフ(*)にお話いただいたパロールという優れた[fameux]行為においては、私たちが隠喩的と呼ぶ次元においてこそ、少し前にあなたがたにお話した呼びかけ[invocation]が具体的に、心理学的に実現されることとなります。

(*)ジゼラ・パンコフ。『身体像の回復』三好暁光訳(岩崎学術出版社, 1976)が邦訳されている。ラカンによるパンコフへの言及は、Seminaire Vのこの講義のみである。


En d'autres termes, le Nom-du-Pere, il faut l'avoir, mais il faut aussi savoir s'en servir. C'est de cela que le sort et l'issue de toute l'affaire peuvent beaucoup dependre.

別の言い方でいうなら、父-の-名は、持っていなければならない[il faut l'avoir]ものですが、またそれを使うことを心得ていなければならない[il faut aussi savoir s'en servir]ものです。あらゆる事柄[affair]の運命[sort]と結末[issue]は、このことに大きく依存しています。


Il y a les paroles reelles qui se passent autour du sujet, nommement dans son enfance, mais l'essence de la metaphore paternelle, que je vous annonce aujourd'hui et dont nous parlerons plus longuement la prochaine fois, consiste dans le triangle suivant -

主体のまわりを通っていく、諸々の現実的パロールがあります。それは特に、主体の幼年期にあります。しかし――今日のところはアナウンスにしておいて、次回にもっと長くお話したいと思っているのですが――、父性隠喩[metaphore paternelle]の本質は次のような三角形からなっています。


156

Nous avons par ailleurs ce schema -

さらに、このようなシェーマもあります。


Tout ce qui se realise dans le S, sujet, depend de ce qui se pose de signifiants dans le A. Le A, s'il est vraiment le lieu du signifiant, doit lui-meme porter quelque reflet de ce signifiant essentiel que je vous represente la dans ce zigzag, et que j'ai appele ailleurs, dans mon article sur La Lettre volee, le schema L.

S、つまり主体において実現するすべてのものは、Aにおいて生じる[se poser]諸シニフィアンに依存しています。Aは、もし本当にシニフィアンの場[lieu](*)であるならば、A自身が、ジグザグによって私があなたがたに表象した[representer]本質的なシニフィアンの反映をいくらか持っていなければなりません。

(*)lieu(場), champ(領野/物理学的意味での「場」), registre(領域/審級)の使い分け。


Trois de ces quatre points cardinaux sont donnes par les trois termes subjectifs du complexe d'oedipe en tant que signifiants, que nous retrouvons a chaque sommet du triangle. J'y reviendrai la prochaine fois, mais je vous prie pour l'instant d'admettre ce que je vous dis, histoire de vous mettre en appetit.

枢要[cardinaux]なこれら四つの点のうちの三つが、エディプス・コンプレックスの主体的な三つの項(これらの項がシニフィアンである限りでの)によって与えられており、この三つを三角形のそれぞれの頂点に見出す[retrouvont]ことができます。次回その点に立ち戻りますが、今回は申し上げるだけにすることをお許しください。ただ、あなたがたをその気にさせたいだけなのです[histoire de vous mettre en appetit]。


Le quatrieme terme, c'est le S. Lui - non seulement je vous l'accorde, mais c'est de la qu'on part -, il est en effet ineffablement stupide, car il n'a pas son signifiant. Il est en dehors des trois sommets du triangle oedipien, et il depend de ce qui va se passer dans ce jeu. C'est le mort dans la partie. C'est meme parce que la partie est structuree de cette facon -je veux dire qu'elle ne se poursuit pas seulement comme partie particuliere, mais comme partie s'instituant en regle - que le sujet se trouvera dependre des trois poles qui s'appellent l'Ideal du moi, le surmoi et la realite.

第四の項、それはSです。このSは、――これを私があなたがたに与える[accorde]というだけではなく、出発点ともなっています――言いようのないほど愚鈍[stupide]です。といいますのも、Sは自らのシニフィアンを持たないからです。Sはエディプス的三角形の三つの頂点の外部にあり、その〔三角形の〕ゲームのなかで生じることになる事柄に依存しています。Sは、〔コントラクト・ブリッジの〕勝負におけるダミー[le mort](*)です。勝負がそのような仕方で構造化されているからこそ――つまり、単に特定の勝負としてだけではなく、規則[regle]によって確立されたものとして、と私は言いたいのですが――、主体は自我理想[ideal du moi]、超自我[surmoi]、現実性[realite]と呼ばれる三つの極(**)に依存することになる[se trouvrera dependre]のです。

(*)ラカンは、シェーマLで分析状況を説明するにあたって、トランプゲームの一種であるコントラクト・ブリッジを用いている。cf.Ecrits, p.598.

(**)cf. Seminaire V, p.194 / 邦訳上巻p.285-286.


Mais pour comprendre la transformation de la premiere triade dans l'autre, il faut voir que, tout mort qu'il soit, le sujet, puisque sujet il y a, en est dans cette partie pour ses frais. De ce point inconstitue ou il est, il va lui falloir y participer - sinon avec ses sous, il n'en a peut-etre pas encore, du moins avec sa peau, c'est-a-dire avec ses images, sa structure imaginaire, et tout ce qui s'ensuit. C'est ainsi que le quatrieme terme, le S, va se representer dans quelque chose d'imaginaire qui s'oppose au signifiant de l'oedipe, et qui doit etre aussi, pour que ca colle, ternaire.

しかし、最初の三つ組みのもう一方の三つ組みへの変形を理解するためには、まったく死んでしまっているとしても、主体はそこにあるわけですから、主体が自腹を切って勝負に参加しているということを見て取らなければなりません。主体は自らがいるこの構成されていない地点[point inconstitue]から、勝負に参加しなければならないことでしょう。主体はおそらくまだ持っていませんから、主体自らのお金ではないにせよ、主体は少なくとも自らの皮=皮膚=生命[peau]を以って、すなわち自らの諸イマージュ、自らのイマジネールな構造、そしてそこから帰結するすべてのものを以って、勝負に参加しなければならないことでしょう。このようにして、第四の項つまりSは、エディプスのシニフィアンに対立する何かイマジネールなもののなかに代理表象される[se representer]ことになりますし、その何かイマジネールなものは、うまくいく[ca colle]ためには、三要素からなるものでなければならないのです。


157